融資と投資について

融資と投資の怖い世界

融資と投資の世界では、怖い世界がもちろん存在します。
それは、大きな資金を一気に失い、どん底の人生を歩んでしまうリスクも存在しているという点です。どん底の人生というのは、家も無く、家族も失い、毎日食事するお金もない。お風呂も入れない、そんな状態です。
好きでそういう人生を選ぶ方もいるとは思いますが、好きでない方からすれば、それはどん底。そんな方々も毎日生まれているのも、融資と投資の世界の怖さですね。

融資を受けると借金になる

融資は受けた時は多く資金が一気に手に入り、気は楽になるのですが、それから返済に追われる生活が待っており、返済できなければそれは借金として大きく自分自身に降りかかります。そうなった時に、やはり、融資の怖さを実感するのはないでしょうか?なので融資もしっかりと計画を立てた上で、行って行かなければ、怖い世界に足を踏み入れてしまう可能性も大きいです

投資の怖さ

投資の怖さはもちろんあります。投資とうのは、大きな資金を投資して、大きな利益を生む為のサービスとなります。どちらかと言えば、融資する側の感覚でとらえて頂ければ分かりやすいのですが、融資した先から、返済が無くなってしまったとすれば一気に、それだけの資金失ってしまうという事に繋がります。
なので、そうならない為にも、投資する会社や商品の選定は絶対に必須。そうでなければ、投資の怖い世界に、足を踏み入れてしまう事だって当然考えられるのです。

コメントを残す